Wednesday, September 24, 2014

tauftauf

on Finnegans Wake by James Joyce

tauftauf
Discovered in p3:
nor avoice from afire bellowsed mishe mishe to tauftauf thuartpeatrick not yet, though venissoon after, had a kidscad buttended a bland old isaac...

Humpty Dumpty says:
“Tauftauf? Tough, tough? --- what’s tough? James Voyce’s story is tough to hear that is always telling me in mysterious ways. German tauf is baptismal, &, as the verb stem,  baptize; hence, tauftauf probably expresses christening, christening. Reduplications represent recirculation in history, & maybe, to baptize is to make tough in the thought of Christians. I think that if I told Joyce my imagination, that the sound of German tauf is similar to that of Chinese dào (Tao), he would probably feel very happy to hear about it. Tao is ubiquitous forever.”


ジョイス作『フィネガンズ・ウェイク』について

ハンプティーダンプティーいわく

「トフトフ? タフタフ? --- 何がタフ? いつもなぞめいた語り方をしよるジェイムズ・ヴォイスの話はタフじゃな。ドイツ語のタオフっちゅうんは洗礼のとか洗礼するっちゅうこと。よって、tauftaufっちゅうんは、キリスト教徒にしている、キリスト教徒にしている、っちゅうことこと。重複語は歴史の再循環を表す。そしてたぶんクリスチャンの考えでは、洗礼することはタフにすること。ドイツ語のタオフは中国語の道 (タオ) に似ちょるっちゅうおらの想像なんか話せば、たぶんジョイスはそれを聞いて大いに喜んでくれるじゃろうとおらは思おっちょる。道っちゅうもんは永遠にして普遍的なものじゃ」

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ