Tuesday, May 24, 2011

golconda

golconda

--- Word DNA ---------------------------------------
1884, "rich mine." The word is also used figuratively: "source of wealth."

FORMATION
From the proper noun of the capital of ancient kingdom of south-central India. In 1518, the Qutb Shahi Dynasty began & the city was the center of a flourishing diamond trade. There were the diamond mines near the city.
------------------------------------ 言葉の遺伝子 ---

 「ゴルコンダ」は南インドにあった王国の要塞都市であった。
 一五一八年に樹立されたクトゥブ・シャーヒー朝の都になったところで、ダイアモンドを産出する鉱山に恵まれて繁栄した。この地から産出したダイアモンドに、オリジナルで百八十六カラットの「光の海」と呼ばれるものがある。クトゥブ・シャーヒー朝はムガール帝国に滅ぼされたが、ムガール帝国はイランのナディール王 (Nader Shah) に侵略され、宝石はイランの王室にわたった。その後、十九世紀中葉に大英帝国がイランを占領して、宝石はヴィクトリア女王のものとなった。
 「ゴルコンダ」が英語の一般名詞になったのは十九世紀で、「豊かな鉱山」または、比喩的に広い意味で、「富の源」を指す。

The golconda of oil will be exhausted.
石油がもたらす豊かな富もいつかは枯渇する。
= = = = = = =
日本語 - 英語 - ペルシャ語
光の海 - Ocean (Sea) of Light - Darya-ye Noor
(ペルシャ語のローマ字表記法は定まっていない。)



No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ