Monday, February 20, 2012

chien


 chien

 フランス語で「犬」のことは chien といい、雌犬は chienne という。

吠える犬はめったに噛まない (Barking dogs seldom bite... ) ということわざは、英語のものかと思っていたが、フランス語でもいう。

Chien qui aboie ne mord pas.
吠える犬は噛まない。

吠えるのは臆病な証拠。口やかましいが、実は小心といった意味になる。

犬は身近な動物なので、フランス語でも慣用句は多い。女性を指して雌犬 (chienne) といえば、「淫らな女、嫌な女 (= bitch)」の意味。抽象名詞 (chiennerie) では「淫らな生き方、破廉恥、がつがつ貪ること」などの意味になる。犬の倅 (fils de chien) といえば、「ろくでなし、馬鹿野郎 (= son of the bitch)」のこと。犬の生活 (vie de chien) は、「みじめな人生 (生活)(= dog’s life)」 

chien の語源は知らないが、二回続けて chien-chien といえば、「わんわん、わんちゃん」の意味になる。日本語のわんちゃんはいうまでもなく、犬の鳴き声をわんわんと表現することからできている。英語でわんちゃんは、幼児語としては doggy という。「子犬」の意味としては puppy という単語もある。

bitch は人を指すときは蔑視語であるが、イヌ科の雌を指すときは中立に「雌」の意味である。



アマゾンを探検してもっと探ろう!
仏和辞典
西洋のことわざ

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ