Tuesday, February 07, 2012

Pity's akin to love

Pity's akin to love.
--- Aphra Behn, Oroonoko

七世紀英国のミステリアスな女流作家アフラ・ベーン (Aphra Behn) が書いた小説『オルノーコ (Oroonoko)』に端を発するフレーズ。夏目漱石の『三四郎』によると、『オルノーコ』は戯曲化され、その脚本の中にこの句は書かれているという。直訳的にいうと、思いやりは愛情と親戚。もっと平たくいうと、哀れみや同情を感じたら愛しているということ。『三四郎』に出てくる与次郎の訳は、

かあいそうだたほれたってことよ。


About "Life is a Joke"
恋のことわざ集
前後裁断 (漱石の『門』に言及)

アマゾンを探検してもっとさぐろう!
 三四郎
オルノーコ



No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ