Friday, June 03, 2011

Hobson's choice

Hobson's choice

--- Word DNA ---------------------------------------
1660 "option to take the one offered thing or none."

FORMATION
The Phrase was made of a legend of a carrier at Cambridge Thomas Hobson (1545-1631). He is said to have given any customer the option to take the horse next to the stable-door or none.
NOTE: Also, a rhyming slang for voice.
------------------------------------ 言葉の遺伝子 ---

 ホブソンの選択肢とは、「差し出されたものを取るのでなければ、何も取れない二者択一の権利」のことで、実質的に「唯一の選択肢」であり、選り好みできない状況を指す。

A Hobson's Choice at a Hospital
Cut in Pay or No Job
病院では選り好み不可
減給を受け入れないなら、失業あるのみ

 この成句は十七世紀のケンブリッジにいた運搬屋で貸し馬業を営むトマス・ホブソンの伝説からできた。ホブソンは客に選り好みを許さず、厩の出入り口から一番近いところにいる馬を貸し出していた。客が別の馬を欲すると、ホブソンは馬を貸し出さなかった。ホブソンがローテーションどおりに貸し出すようになったのは、客が足の速い馬ばかり借りたがり、その馬だけが疲れてしまっていたためだという。ホブソンは一六三一年一月一日に亡くなったが、ミルトン (John Milton, 1608-74) は墓碑銘を二つ捧げた。ケンブリッジの町には彼の名に因むホブソン通りがある。
 Hobson's choice は、コックニーの押韻俗語では、 voice「声」を指す。

Proverb books

英語慣用句の本

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ