Friday, April 07, 2006

keiretsu

keiretsu

系列。
語源は日本語で、ローマ字風に読む。
複数形は -s を付ける場合と、付けない場合がある。

 After World War II, keiretsu were reformed from
 prewar economic conglomerates (zaibatsu)
 that were family controlled.
 < Neil Fligstein, The Architecture of Markets:
 An Economic Sociology of Twenty-First-Century
 Capitalism,
2001>
 第二次大戦後、戦前の親族支配による
 企業集団 (財閥) が改められて、系列ができた。

系列内では、子会社の全株、または、株の一部を
親会社が所有していて、米英でみられる
業務提携 (partnership or tie-up) と同様に思われるが、
系列はあくまでも縦の繋がりで、要するに、
子会社の独立性がないと考えられている。
従って、単なる株の持ち合いは
 horizontal keiretsu.
 水平系列。
と呼ばれ、縦割り系列 ( vertical keiretsu )とは
区別されることがある。株の持ち合いは、
乗っ取り対策になると同時に、不測の事態が
生じたときのグループ内の緊急支援を慣例化させている。
 (昨今、株の相互保有は株主資本の有効活用を
 阻害するという理由で、解消の方向にある。)
初出は一九六五年 (OED, draft entry, Dec., 2001)。
当初は外国語である旨を指して
イタリック体で記されていたが、
今日では、かなり定着していて、
通常どおりにタイプし、応用も行われている。

 See Ken Auletta "American Keiretsu"
 ケン・オーレッタ著『アメリカの系列』参照。

 keiretsu
 [20th c., from J.]
 1. Hierarchy of companies, originally in the economic
 world in Japan, in which a subcontractor is entirely
 or partly owned by its parent company.
 The parent company has duty for the growth of
 all the group. Somtimes distinguished as a
 vertical keiretsu.
 2. mutual shareholdings by Japanese companies.
 In this group, companies strongly cooperate one
 another with thier "main bank(s)," especially
 as to resist take-over bids, or when one of them
 needs the financial support. Somtimes distinguished
 as a horizontal keiretsu
 3. group like a keiretsu; system or cooperation like
 that of a keiretsu.


No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ