Thursday, June 18, 2015

Adam's Apple

Adam's Apple

Adam's Apple ---
字面は「アダムの実」
十六世紀末の英語の初出では、
「ライム、ベルガモット、オレンジ、ザボン」
といった柑橘類の果物を指した。
十九世紀の植物学の本に、以下のような記載がある。
 ・Among them [limes] is one called by
 the Italians Pomo d'Adamo, because
 they fancy the depressions on its surface
 appear as if it still bore the marks of
 Adam's teeth.
  ライムの種類の中に、イタリア語で
 Pomo d'Adamo と呼ばれている一種がある。
 というのも、彼らが思い描くには、
 今もアダムの歯型のあとであるかのような
 表面のくぼみが現れるからである。

アダムとイブの楽園にある、
善悪の知識を授ける禁断の木の実は
KJV
では fruit と英訳されているが、
しばしば apple と想像される
apple
は今では一般的に「りんご」を指す。
禁断の木の実が
今でも喉に引っかかっているので、
喉仏」のことを
アダムのりんごという。
この意味の初出は一七五五年に刊行された
サミュエル・ジョンソンの辞書。
咽頭の甲状軟骨のでっはりは
この意味の初出は一七五五年に刊行された
サミュエル・ジョンソンの辞書。

Adam's apple
[16th c. The first sense appeared which meant  “a variety of the lime or bergamot); the most frequently used sense in Present-Day English is “the projection of the thyroid cartilage of the larynx at the front of the neck of adult men, which moves up & down when one swallows” is first printed in Samuel Johnson’s dictionary (1755). He defined the term as “a prominent part of the throat.” The Adam’s apple is traditionally interpreted as a fragment of the forbidden fruit of the Garden of Eden, which he failed to swallow.]



No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ