Sunday, April 16, 2006

distinguish

distinguish

区別する、際だたせる。
「ついて (さして、特徴付けて) わける」こと。

 Old English did not distinguish between f and v.
 Due to the large number of words borrowed into
 Middle English from French, English, too,
 began to make the distinction.
 古英語には f と v の区別がなかった。
 中英語がフランス語から膨大な語彙を
 借用したことに伴い、英語でも
 区別されるようになったのである。

語源はラテン語「わける (distinguere)」で、
接頭辞 (dis-) は、分離の要素で
あとに続く (stinguere)」は
「つく、さす、おさえる」である。
この要素は、印欧祖語「さす、つく (steig-)」に遡り、
英単語では
 stick; sting; stag; etiquette, ticket; extinguish,
 instinct; tiger; instigate; steak; thistle...
などの根っこであり、 中でもイタリック語派の
「消す (extinguish)」と「本能 (instinct)」は
「区別する (distinguish)」と近縁である。
中英語期に初めて英語になったが、
当初借入されてできた動詞 (distinguen) は
定着せず、後に -ish の語尾で再構成された。
英語の接尾辞 (-ish) はフランス語の
動詞語根語尾 -iss- に対応し、起源はラテン語に遡る。
 (例: polish from F poliss-, stem of polir.)
十七世紀になると過去分詞 (distinguished) が
形容詞化して「有名な、格別の」などの意が
形成されていった。

 distinguish
 [16th c., from F distinguiss-, stem of
 distinguer, replacing ME distinguen; from OF
 from L distinguere "separate"; dis- "apart, off" &
 stinguere "prick; (perhaps, later sense) quench"
 whose derivation is PIE steig-, stegh "to stick,
 prick"; akin to distinct, extinguish, instinct, etc.
 The adj. distinguished was first recorded
 in the 17th c. and then it was making senses
 "famous, dignified." The suffix -ish comes via
 F. -iss- from L -isc-; equivalent to ME -en.]
 differentiate; charaterize; make prominet, etc..

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ