Friday, February 16, 2007


 Merriam-Webster 配信の Word of the Day によると、「GROK は火星語に由来する唯一の英単語であろう」とのことである。ヴァレンタイン・マイケル・スミスは火星で育って、大人になってから地球に移住してきたが、その言葉の一つ grok は一九六〇年代からアメリカの若者のヴォキャブラリーになっていった。火星人スミスについては、ハインライン著の『異星の客』に記されている。
 意味は「深く (きちんと) 理解する、把握する、悟る」こと。

He wouldn't grok that you were joking.

Browsers can easily grok your code.
ブラウザはその (ie. あなたの) コードを容易に把握します。

There are a lot of people who grok the XML thing.

[20th c., from Martian (?) "to perceive, understand profoundly." According to Merriam-Webster's Word of the Day (Feb 16, 2007), "Grok may be the only English word that derives from Martian." The word entered the vocablary of the young in America, 1960s. Robert A. Heinlein REPORTS in Stranger in a Strange Land (1961) about Valentine Michael Smith who comes from Mars and speaks Martian on Earth... (or on the pages of the book only?) Earthlings learned, or learn, grok from him.]

No comments:

Amazon Widget


 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

life is a joke
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ