Saturday, September 27, 2008

adobe

adobe

The word adobe came from Spanish into American English vocabulary in the 18th century. The Spanish word was formed from an Arabic term altub "the brick", which was from a Coptic term tobe "brick". Coptic is a language spoken in the ancient Egypt, and the word tobe remains as a hieroglyphic today. In the contemporary English, adobe means:
1. a sun-dried brick made of clay and straw.
2. a building or structure made of such material.
3. Silt or clay deposited by rivers, from which such bricks are made.

In the United States there is a software company called Adobe Systems founded 1982.

 Adobe は十八世紀にスペイン語から米語の語彙に借入された。そのスペイン語はアラビア語 altub (al "the & tub "brick") から出来ていて、もともとはコプト語 tobe 「煉瓦 (= brick)」に由来している。コプト語は古代エジプトで話されていた言語であり、tobe はヒエログリフとして今も残っている。現代英語における adobe の語義は以下のとおり。
1. 粘土や藁を材料とした日干し煉瓦。
2. 日干し煉瓦でできている建物。
3. その材料となる沈泥、シルト
Pueblo Native Americans live in houses made of clay. They are called adobe (ah-doe-bee) houses. Adobe is a yellow-colored clay that that comes from the ground. The hot sun of New Mexico and Arizona helps dry the clay to make strong bricks. The Pueblos have used adobe to build their homes for many years.
ネイティブアメリカンのプエブロ人は粘土の家に暮らしています。それらの建物はアドビーの家と呼ばれています。アドビーは地面からとれる黄色い粘土です。ニューメキシコとアリゾナの強い日差しで乾燥させて固い煉瓦にします。プエブロの人々は永年にわたって家を建てるのにアドビーを使ってきました。
アメリカには一九八二年に創業されたアドビーシステムズというコンピュータソフトウェアの会社がある。

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ