Tuesday, August 26, 2014

vicus

on Finnegans Wake by James Joyce

vicus
Discovered in p3:
a commodius vicus of recirculation...

Humpty Dumpty says:
“A vicus, at first, is a village or settlement in the Roman Empire; in the political sense, it was the smallest unit of their municipal administration. Joyce gives more senses to this word. The Vico Road in Dublin is one of commodius streets (= a commodius vicus); & a street, which can be called a “commodius vicus” in Joycean or Joynglish, is found everywhere every time in his views;. & moreover, he has hidden the name of the Italian philosopher Giambattista Vico in this word. His 18th century publication NewsScience puts forth a famous theory of the cyclical nature of history.”



ジョイス作『フィネガンズ・ウェイクについて

ハンプティ・ダンプティいわく

vicus っちゅうんはまずローマ帝国の村や居留区のことじゃ。政治的意味では、それ以上は細かく分けられない行政区っちゅうことじゃ。ジョイスは更にこの言葉に意味を付け加えちょる。ダブリンのヴィーコ通りは commodius vicus の一つにすぎず、ジョイス語 (ジョイングリッシュ) commodius vicus と呼べる通りは、いつの時代のどこにでも見つかるものなんじゃよ。更にジョイスはこの単語に、イタリアの哲学者ジョンバティスタ・ヴィーコの名を隠しちょるのじゃ。その哲学者の十八世紀の刊行物『新しい科学』には有名な歴史循環論が提示されておる。--- ところで、群れに似ちょるだろ。ラテン語でも同じじゃ。 vicus は村、即ち、暮らす者たちの群れを指した言葉じゃ」


No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ