Tuesday, August 26, 2014

commodius

on Finnegans Wake by James Joyce

commodius
Discovered in p3:
a commodius vicus of recirculation…

Humpty Dumpty says:
“By erasing -o- from -ous, the ending of commodious “big, wide, roomy, comfortable,” or “convenient” in the archaic sense, JJ implies Commodus, Roman emperor from 180 to 192, the son of Marcus Aurelius. He is often considered one of the worst emperors.”

ジョイス作『フィネガンズ・ウェイク』について

ハンプティ・ダンプティいわく
「ジョイスは「大きい、広い、ゆったりした、居心地が良い」、あるいは、古い語義で「便利な、有益な」を指した commodious の語尾 -ous から -o- を省くことによって、 ローマ皇帝コモドゥスを連想させるようにラテン語化しておるのじゃ。コモドゥスはマルクス・アウレリウスの息子で西暦一八〇年から一九二年まで在位しておったが、最悪の皇帝の一人と考えられておる」 

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ