Thursday, September 25, 2008

kanban

kanban

Kanban, made of Japanese. is first used as an English term meaning "a sign board or indicator" in 1977. This is also an abbreviation of kanban system which minimizes factory storage of various parts in the manufacturing process. This system was created by a Japanese car maker Toyota, and is also called the just-in-time (JIT) system, because components arrive from suppliers at the time they are required for assembly.

In Japanese as Chinese characters (kanjis). kan (看) originally means "to look at carefully," and ban (板), "board."

 日本語からできた kanban は一九七七年に「何かを示す為の板」を意味する英単語として初めて使用される。この言葉は製造過程における各種部品の在庫を縮小する「カンバン方式」の略語でもある。このシステムは日本の自動車メーカーであるトヨタによって作り上げられたものであり、組み立てられる際にタイミング良く供給側から部品が送られてくることから、ジャストインタイム方式とも呼ばれている。

Kanban is a visual control system.
カンバンとは視覚制御方式のことである。

"kanban", a Japanese word that literally means "visual record."
「カンバン」 --- 「目で確認できる記録」を指す日本語。

Kanban (Japanese for card) is a reusable signal card that passes back and forth between two stations.
カンバン (日本語でカード) とは二カ所の部門間でやりとりされる、繰り返し使える指示用カードのことである。

 日本語の漢字 (中国由来の文字) として看は「よく見ること」、板は「いた」の意味である。

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ