Friday, November 07, 2014

Dracula

Dracula

Word DNA ~~~~~~~~~
WORD HISTORY
I [1897]
“vampire (lord); blood-sucker; sinister person.”

FORMATION
Romanian dracul “devil" (in the 15th c., also meaning a “dragon”) + -a. suffix that means the “son of”
   After Count Doracula, a fictional character in Dracula, a Gothic horror novel, which Bram Stoker published in 1897. The Irish author Bram Stoker borrowed this name from Prince Vlad of Wallachia (1431-76?), who was called Vlad Dracula (spelt variously. eg. Ladislaus Drakula, Wladislaus Dragwlya), because his father had joined the Order of the Dragon founded 1408 by Sigismund, king of Hungary (later, Holy Roman Emperor), to defend the Christian religion & defeat Turkish Muslims & native heretics. Dracula in Romanian is said to have meant the “son of the dragon” in the 15th century, & this word derived from Latin draco “dragon,” adopted from Greek δρκων. Christians, now & then,  often identify the dragon, serpent, or snake, with the Devil. The Prince of Walachia has another name Vlad Țepeș in Romanian or Vlad the Impaler,  because he did mass impalement of his enemies. This name may have impressed his brutality on people’s mind. 

PIE ROOT
*derk- “to see”

DECIPHERMENT IN JAPANESE
「ドラキュラ、吸血鬼」:
 (用例: The real Dracula was born in 1431 in Transylvania… Harker discovers that Dracula has no mirror reflection… In an age of violence, all the Draculas lived violently… Regarding Dracula, the historical personage, the official Communist party historians portrayed him as a national hero… a fan of Dracula horror filems…)

外来語
ドラキュラ

NOTES
*= reconstructed form = 再建形
Greek = Ancient Greek = 古典ギリシャ語
~~~~~~~~ 言葉の遺伝子

 ドラキュラ伯爵は、十九世紀末、新鮮な血を求めてトランシルヴァニア (Transylvania) からイングランドに移住してくる。犠牲者ルーシー (Lucy Westenra) の奇病から吸血鬼の存在に気づいたヴァン・ヘルシング教授 (Professor Abraham Van Helsing) は、やがて、彼女の三人の求婚者たち (Dr. John Seward, Quincey Morris, Arthur Holmwood) や、友人でドラキュラ伯爵の餌食になりかけたミーナ (Wilhelmina “Mina” Murray)、その婚約者でドラキュラ泊の城にいる三姉妹 (sisters or Dracula’s brides) に囚われたことのあるジョナサン (Jonathan Harker) と協力して、ドラキュラを追い詰める。ドラキュラはヘルシング教授を怖れて、故郷のトランシルバニアに逃げ帰るが、教授の一行は追跡してドラキュラ伯の城に乗り込んでいく。ショナサンがククリでドラキュラの喉を裂き、ルーシーの求婚者だったクインシーがボーイナイフで心臓を突くと、ドラキュラは土塊になって崩れ去る。以上がストーカー作『ドラキュラ』の大雑把なあらすじである。

 ゴシック小説家のストーカーがドラキュラ伯爵を作る際にモデルの一人としたのは、中世ルーマニアの串刺し公ヴラドである。ワラキアのヴラド公自身は十五世紀に実在した人物である。ワラキアとトランシルヴァニアはルーマニア国内の地名で、歴史的に境界線は刻々と変わるが、同じ場所ではない。

 また、十六世紀末から十七世紀初頭にかけて六百五十人もの女子を殺害したとされるハンガリーのバートリー・エルジェーベト伯爵夫人 (Countess Elizabeth Báthory / Hungarian: Báthory Erzsébet, 1560-1614) もドラキュラ伯爵のモデルの一人といわれている。彼女は若い処女の血によって、若返ることができると信じていたらしく、娘たちを集めて惨殺し、血の風呂を作って、生温かいうちに浸っていたという。

 吸血鬼に噛み付かれると吸血鬼になり、呪われた不死の状態になる。吸血鬼は狼に変身したり、蝙蝠に変身したりすることができる。虫や蜘蛛や鼠など、ふつう人が口にしないものを生命力の源として好物としている。一方、忌避しているのはにんにくである。ドラキュラに影はなく、その姿は鏡に映らない。

  vampire はスラブ語族由来の言葉である。

 東洋では不老不死なのは、金丹をまるめる老子のように、悟りきった仙人であったり、聖人であったりする一方、魑魅魍魎もまた不死である。これとほぼ同じで、西洋でも、イエスの言葉どおり愛に身を委ねる聖者と、吸血鬼のような妖怪は不死の存在である。

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ