Wednesday, September 17, 2014

North Armorica

in Finnegans Wake by James Joyce

North Armorica
Discovered in p3:
Sir Tristram… had passen-core rearrived from North Armorica…

Humpty Dumpty says:
North Armorica is the northern part of Armorica. Armorica is the place name that refers to Present-day Brittany, Normandie, & surroundings, France, part of Gaul, or Gallia in Latin in ancient times. where the Seine and Loire rivers run. Celtic peoples lived there in Iron Age, & then, the Roman Empire invaded and built settlements. The local place name North Armorica had never been written by any writer before Finnegans Wake. This fact can tell us that Joyce has his 2nd intention. A lot of Irish people in Joyce’s time, the early 20th century, were longing to immigrate to North America, ie. the United States of America. In Joyce’s view, the mainland of America on the map could look like the armor; armor hides in Armorica. After all, this scene says between the lines: Sir Tristram had left there...”

ジョイス作『フィネガンズ・ウェイクについて

ハンプティ・ダンプティいわく

「北アルモニカっちゅうのはアルモニカの北部っちゅうこと。アルモニカは今日のフランスのブルターニュやノルマンディーやその周辺を指す地名で、古代ではゴール、即ち、ローマ人のいうガリアの一部のことじゃた。そこにはセーヌ川とロワール川が流れちょる。石器時代にはケルト人が住んどったが、その後、ローマ帝国が侵略して植民地にしたんじゃ。ただ、北アルモニカっちゅう地名が『フィネガンズ・ウェイク』以前に記されたことは一度もない。つまり、ジョイスには二番目の意図があったっちゅうことや。二十世紀前半のジョイスの時代、多くのアイルランド人は北アメリカ大陸、ことアメリカ合衆国への移住に憧れておったんじゃ。地図上のアメリカの本土は、ジョイスの目には、鎧に似ちょるのかもしれんな。Armor が Armorica の中に隠れちょるわい。なにはともあれ、このシーンは行間で、トリストラム卿がそこを発った、ちゅうことをいっちょるな」

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ