Monday, January 06, 2014

ピュグマリオーン

ピュグマリオーン (Pygmalion) はキュプロス島の伝説の彫刻師。

 オウィディウス (Ovid) の『変身物語 (Metamorphoses)』によると、キュプロスの彫刻師ピュグマリオーンは象牙を彫って作った美女の彫像に熱く恋していた。ほかの生身の女性には目もくれなかった。

 アプロディーテー (Aphrodite = Venus) のお祭の日に、祭壇で、ピュグマリオーンが象牙の像にキスをして、胸に触れると、冷たい唇にはぬくもりが帯びてきて、硬い象牙の膨らみには柔らかさが生じてきた。アプロディーテーは彫刻師の思いを聞き入れて、象牙の像に命を吹き込んだのだった。ピュグマリオーンはこの女性と結婚してこどもをもうけた。

 この伝説はオウィディウスの創作ではなく、更に古いキュプロス島の伝説である。この伝説は数千年間にわたって西洋の芸術家たちのインスピレーションを刺激し続けてきた。

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ