Monday, May 28, 2012

Three Witches Talk

Weary sev'nnights, nine times nine, shall he dwindle, peak, and pine.
--- W. Shakespeare, Macbeth 1-3

At Shakespeare's Macbeth Act 1 Scene 3, the three witches talk. The conversation expresses their true nature:

1ST WITCH
A sailor’s wife had chestnuts in her lap,
And mounch’d, and mounch’d, and mounch’d.
“Give me!” quoth I.
“Aroint thee, witch!” the rump-fed ronyon cries;
Her husband’s to Aleppo gone, master o’ th’ Tiger;
But in a sieve, I’ll thither sail,
And like a rat without a tail,
I’ll do, I’ll do, and I’ll do.

2ND WITCH
I’ll give thee a wind.

1ST WITCH
Th’art kind.

3RD WITCH
And I another.

1ST WITCH
I myself have all the other,
And very ports they blow,
All the quarters that they know
I’th’ shipman’s card.
I’ll drain him dry as hay:
Sleep shall neither night nor day
Hang upon his penthouse lid;
He shall be a man forbid;
Weary sev’nnights, nine times nine;
Shall he dwindle, peak, and pine;
Though his bark cannot be lost
Yet it shall be tempest-toss’d.

ェイクスピアの『マクベス』第一幕第三場で、三人の魔女が話している。その会話は魔女たちの本性を表している。

第一の魔女
船乗りのかかあが膝に栗をのせて
もぐもぐ、もぐもぐ、もぐもぐと喰っていた。
「わたしにもくれや」と言ってみた。
「うせやがれ、魔法使いめ」と尻肉食らいの婆が叫ぶ。
あいつの旦那はタイガー号の船長で、アレッポに行っている。
わたしゃ笊にのって向こうに渡って、
尾っぽのない鼠みたいに、
やってやってやっつけてやりたいもんだ。

第二の魔女
風を送ってやるよ。

第一の魔女
親切なこったね。

第三の魔女
うちも手伝ってやるよ。

第一の魔女
ほかは全部自分でやるよ。
港はもとより、
奴らの海図にある
いたるところで暴風が吹く。
あの旦那を干し藁みたくからっからにしてやる。
あの重たい瞼を吊り上げて
夜も昼も眠らせはしない。
決して許されはしないのだ。
くたくたの七夜が九の九倍、
痩せて萎んで草臥れる。
それでも木っ端の船は難破させず、
暴風雨で、もっともっと弄んでやる。

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ