Tuesday, March 06, 2012

夢の中の夢


夢の中の夢、この言い回しは、ポー (Edgar Allan Poe) が一八二〇年代に書いた詩の中にある。
All that we see or seem
Is but a dream within a dream.
見ているもの、見ているようなものはみな
夢の中の夢にすぎない。
一見、断片だけとれば、荘子の夢の胡蝶を連想させるものだが、もちろん、ポーの二連の詩は荘周のものとは異なる。第一スタンザの最後の二行は肯定文だが、第二スタンザの最後の二行は神に対する問いかけになっている。
Is all we see and seem
But a dream within a dream?
見ているもの、見ているようなものはみな
夢の中の夢にすぎないものなのか。
この詩の全文は以下のとおりである。
A Dream within a Dream 
Take this kiss upon the brow!
And, in parting from you now,
Thus much let me avow:
You are not wrong who deem
That my days have been a dream;
Yet if hope has flown away
In a night, or in a day,
In a vision, or in none,
Is it therefore the less gone?
All that we see or seem
Is but a dream within a dream.
I stand amid the roar
Of a surf-tormented shore,
And I hold within my hand
Grains of the golden sand--
How few! yet how they creep 
Through my fingers to the deep,
While I weep--while I weep!
O God! can I not grasp
Them with a tighter clasp?
O God! can I not save
One from the pitiless wave?
Is all that we see or seem
But a dream within a dream?




アマゾンを探検してもっと探ろう !
エドガー・アラン・ポー






No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ