Thursday, July 07, 2011

冷徹な守銭奴にもひとかけらの人情

最近、映画はほとんど見ていなかったが、『ウォール街2』は、見ずにはいられない求心力があった。

ゴードン・ゲッコーは、「金は眠らない」を座右の銘としている守銭奴で、前作では企業の内部情報を不正に入手し、自分に有利なように情報を操作して、株価を動かし、ボロ儲けする生粋の詐欺師であった。当初、その実情は誰にも知られていなかったので、世間的には遣り手の相場師としてのカリスマ性を誇っていた。前作でそのカリスマ性に引っかかったのが若き証券マンのバド・フォックスである。バドはゲッコーにあこがれ、苦心の末に認められ、共に不正な手段で荒稼ぎしたが、父親が長年勤めた航空会社の取引で、本来は立て直す計画のはずなのに、切り刻んで売り払い、キャピタルゲインを得ようとこっそりと画策していたゲッコーの本性に気付き、逆にペテンにかけて、最終的には自分自身も犠牲にしながら、ゲッコーの正体を世間に知らしめて当局に売り渡したのだった。

『2』は、そのゲッコーの出所の場面からはじまる。財産は当局に没収されたらしく、今は見る影もなく落ちぶれている。かつてはリムジンの後部座席でぶっといキューバかどこかの葉巻をふかしてふんぞりかえっていたが、今の移動手段は地下鉄である。そんな今のゲッコーにカリスマ性を認めたのは、娘の婚約者のジェイコブだ、しかし、娘ウィニーは父親のことを毛嫌いしている。ゲッコーの息子、ウィニーの兄は麻薬中毒で死んだというが、ウィニーはそれを父親のせいにしている。当然といえば当然である。

ジェイコブは、父とも慕うボスを自殺で失った若き証券マンで、ゲッコーにあった直後、ささやかな復讐を成し遂げる。ジェイコブはスマート世代とでもいうべき世代に属するのだろう。かつてのバド・フォックスとは違う。余談ではあるが、バドの時代はレーガノミクスが功を奏し、株は右肩上がりで、日本では不動産と株の資産バブルの時代であった。ゲッコーの商談の相手には日本人もいたし、バドは寿司にぎりマシーンを持っていた。そして、何より、金に執着する野心家であった。当時は。アメリカのどこかの小学生が、「ぼくは大きくなったら投資銀行家になりたい。投資銀行家になっていっぱいいっぱいお金を稼ぎたい」というような内容の作文を書いて話題になったりもした時期である。

ジェイコブも商売柄金は大好きだが、イノベーションを応援するという投資家本来の仕事をしたいと考えていて、核融合エネルギーを研究する学者に強い期待をよせている。バドが父親に言われたようなことを、ジェイコブは母親に言う。バドは父親から、人のものを売り買いするのはやめて、自分で何か作れ、と教わるのだが、ジェイコブは、看護師をしていた頃の母さんは素敵だったのに、というようなことを言う。今は不動産売買で一旗揚げようと四苦八苦していて、運転資金を息子にせがむ有様である。

バドの時代と違う点はもうひとつ。それは投資銀行の客が中国人になったということである。『2』に日本人は出てこない。

ゲッコーの予言どおり、いわゆるハウジングバブルがはじけ、金融街はパニックに陥る、ただマクロ経済学的に重要な事件も、この映画の家族の絆を修復するというメインプロットからすると、たいした出来事ではないように感じる。しかしながら、この出来事はアメリカ資本市場の明確な汚点であることは語っておこう。ゲッコーもいっていることだが、投資銀行家は預金者や出資者という他人の金を使って、破綻することをあらかじめ計算した上で夢のローンを販売し、失敗したら、平然と政府の援助を仰ぐという態度なのである。(もしかすると、日本の悪しき例をヒントに思いついたのかもしれない。) 現実のサブプライムローンも魔法のような金融商品であった。家は使っても値上がりすることを前提としていたから、ローンの借り手の所得はさして重要な担保ではなかった。住宅価格は、中古であっても右肩上がりで、その値上がり分には新たな担保価値が生じ、車や家具や家電を買い増せるようになっていたのである。サブプライムローンはよく「低所得者向けローン」とメディアでも表現されていたが、おそらく、借り手の本職の所得よりも、住んでいる家の価値の上昇の方が、借り手に大きな富をもたらしてくれていたことだろうと推測する。投資銀行家たちはローンのあやうさを知っていたので、それを逆手に取り、ローンを証券化して、「リスク」を他の銀行やファンドや投資家に販売していた。低所得者 = 信用がない = 高利というわけで、リスクはあるが、受取利息が大きくなる分、そういった証券を買う方にもメリットがあった。最終的には、債権とリスクを切り離して、リスクを取引するCDSのようなものまで開発された。

現実のサブプライムは、住宅価格が上がり続けなければ、ぽしゃるだろうことは、経済の素人にもわかることであった。ところが家というものは時間が経てばそじれるから、メンテナンスをこまめに重ねたとしても、必ず価値は下がってしまう。人口がねずみ算式に加速度的に増加するだとか、お金が無秩序に増刷されてインフレとなるだとか、そういった想定しずらい状況では、家の値段は上がり続けるかもしれないが、ふつうに考えるとありえない。つまり、一見画期的に見えるサブプライムは必ずや破綻する運命だったのである。

不良債権を抱えて動きがとれなくなった銀行に注入される公的資金は国民の血税であり、やはり他人の金だ。投資銀行家は失敗しても、政府から援助を引き出して、多額のボーナスは受け取る。現実の世界ではオバマ大統領がかなり怒っていたが、大きすぎて潰せない金融機関は預金者を人質にとっているので、政府としてはどうしようもないのであろう。流動性が失われて市場の決済機能が麻痺したら、国家的破滅となる。それにしても、投資銀行家はそれを見越して公的資金を催促する図太い神経を有している。有限のリスクで無限のリターンを得られるのは「大きすぎて潰せない」会社の特権である。利益は独占されるのに損失は国民全員で共有となる。本来、自由競争の理想からいうと、これほど好ましくない状況はない。

『2』に出てくる投資銀行家は、スマート世代のジェイコブとは異なり、社会的責任のことは考えていない、もともと顧客に金を出させることが大事なのであって、顧客に有利な投資とはなんなのかを真剣には考えない。公的資金の引き出し方には、さすがのゲッコーも舌を巻く。

さて、金融恐慌の最中、ジェイコブには二つの大きな出来事が起きる。ウィニーに赤ちゃんができたことと、ゲッコーがウィニーの為に (と称して) 当局をあざむき、スイスの隠し口座に大金を眠らせていることを明かしたことである (なんと、金は眠っていたのだ!)。ウィニーは恋人のジェイコブに、前々から。父親のゴードン・ゲッコーには裏切られると忠告していたが、案の定、ゲッコーが隠し口座を明かしたのは、引き出すのに娘のサインが必要だったからである。ジェイコブはその金を核融合に投資するよう婚約者に勧め、説得も成功し、金の引き出しの手続きをしたあと、実際に振り込みの手続きも済ませたが、肝心の金はドクター核融合のもとには届かない。金はゲッコーが握ったのだ。

金を手に入れたゲッコーは水を得た魚である。ロンドンに新しい会社をつくって、のびのびと仕事をはじめる。なぜロンドンなのかといえば、たぶん、アメリカの当局に金の出所を追及されないようするためだろう。また、通例、どの国も自国に多額の投資をしてくれる人を拒まない。

ゲッコーは自己中心で、欲深く、執念深く、平気で人を騙し、どこか哀れだ。ただひとつだけ魅力的な点はある。それはエネルギッシュに仕事に打ち込むということだ。仕事の種類はどうあれ、その打ち込み方は半端なものではない。時は金なりとはゲッコーのためにある諺だ。実際、ゲッコー本人も時間は貴重だといっている。刑務所にぶちこまれて何千時間だか何万時間だかを損したというようなこともいっている。いい比較対象がバド・フォックスであろう。実は彼は『2』にも出てくるのだが、出所後の話をゲッコーにする場面がある。例のブルースター航空を改良して売り払い儲けたので引退したという。悠々自適の生活を営めるほど稼いだので、神経をすり減らす金融業はもうやりたくないということだろう。それに比べると、ゲッコーは仕事を愛している。

スマート世代のジェイコブはゲッコーをそんなに恨まない。ウィニーにいたっては、もともと金や富に何の興味もない女性だったので、一億ドルを失ったところでまったく意に介さない。ウィニーが許せなかったのは、ゲッコーとジェイコブが自分に内緒でこそこそと会っていたことだ。

ジェイコブはすべての関係を修復しようとする。自分とウィニー、自分とゲッコー、そして、ウィニーとその父親のゴードン・ゲッコーとの関係を。ジェイコブはウィニーに赤ん坊ができたこともゲッコーに伝える。金を返してほしいという思いあったろうが、それだけはなかろう。

独りになってジェイコブは、投資銀行家が隠れて動かしているファンドを使って、かつてジェイコブの父とも慕う老人が経営していた会社ケラーゼイベルの株を空売りして、株価を操作していた疑惑を告発する。空売りでも儲けて、更に安くなったところを本体の銀行が買い叩く。ウィニーに記事を渡すと、ウィニーはそれを自分が働く非営利組織のウェブサイトに掲載する。ウォール街に激震が走る。こうして復讐を成し遂げたジェイコブはウィニーと仲直りしようとする。

夜の住宅街を二人が歩いていて、ウィニーの家の前での別れ際に、ゲッコーが現れる。ゴードン・ゲッコーも人間であることがここで示される。冷徹な守銭奴にもひとかけらの人情があったのだ。

マイレートはストロングバイ。

『ウォールストリート2』は、あなたの財産になる、をキャッチコピーにしているが、確かに財産になった。











No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ