Thursday, June 16, 2011

lithe

lithe

--- Word DNA ---------------------------------------
c1400 "flexible, limber."

FORMATION
From Old English. Of Germanic origin. The oldest sense found in Beowulf is "gentle." Used of water, drink, medicine, weather, chiefly in Old & Middle English: "soft or mild." In Scottish: "comfortable, sheltered, warm." In some dialect, of soup: "smooth."

FAMILY
lithesome [1768 lithe + -some]
lissom [a1800, from lithesome.]
linden [Adopted from German Linden or Lindenbaum.]
lantana [Named in Modern Latin.]
lento [Via Italian, from Latin lentus "flexible, slow."]

PIE ROOT
*lent-o- "flexible."
------------------------------------ 言葉の遺伝子 ---

 lithe は、今日の標準的な用法では、 主にしなやかな人体や動植物の形容に用いるのみである。

The spy Lucrezia arrives, breathless, lithe and graceful as a greyhound. She is clothed in a fawn colored.
スパイのルクレツィアは、息を殺して、猟犬のようなしなやかさと優美さとをもってやってくる。彼女は子鹿色の服に身を包んでいる。

The ermine's long, lithe body enables it to enter the burrows of its prey.
オコジョの長いしなやかな体は獲物の巣穴に入っていくのに適している。

They stripped the lithe long willow-twigs,
彼らはしなやかで長い柳の枝を取り払った。

 この意味の最古の用例は一四〇〇年頃の書物にある。十七世紀のミルトンの『失楽園 (Paradise Lost)』には "His Lithe Proboscis"「(象の) しなやかな鼻」の用例がある。
 古英語や中英語では、人の気質や態度、水の状態や天気、薬の効能など様々なものを形容していて、「やわらかい、やさしい、ゆるやかな。おだやかな、なめらかな」といった意味であった。かつては語幹部が同じ動詞もあったし、名詞もあったが、近代以降、じょじょに使用者がいなくなり、方言化していき、今日に至っては廃用となっている。
 生き残っている方言のひとつにスープの濃さやなめらかさを指す形容詞がある。かつては、「なめらかな (濃い) スープ」を指す名詞の lithe も方言としてあったが、今では廃用となっている。

関連
かばん語 slithy を見る

Scottish
ベーオウルフ
失楽園
Paradise Lost

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ