Wednesday, April 05, 2006

plurabilities

plurabilities

plurability -- その複数形
出自はジョイスの『フィネガンズウェイク』百四頁二行目。
多様性 (plurality) に可 (able) がはめこまれたもの。
 (a plurality of cultures = 文化の多様性。)

 In the name of Annah the Allmaziful, the Everliving,
 the Bringer of Plurabilities...
 < James Joyce, Finnegans Wake, 1939 >
 永久不死の多元可性の担い手、全愛故知のアナー
 母神の御名において・・・
 (annotations:
 Annah = Allah & ana (Turk. "mother")
 Allmaziful = almighty & all merciful & mazi (Turk. "old times") --
  「全知全能」に「昔 (は)」を忍ばせているから、
  一種の矛盾になっているが、欧米で主流の宗教史観には
  むしろ合致しているのだろう。因みにコーランや
  ムスリムの書の英訳版の書き出しに用いられる定型句は
   In the name of Allah, the Most Merciful
   and the Most Compassionate...
   慈悲深き慈愛あまねく神の御名において・・・
  である。ジョイスの文はパロディー。
  アナーについて、Allmaziful / Everliving / Bringer of Plurabilities
  と三つ書いてあるから、三位一体を意識させようと
  しているのかもしれない。)


この単語によって、「女の数だけ世界がある」と
作者はいいたかったのかもしれない。

 plurabilities
 [Coined in the 20th c., by J. Joyce in his work Finnegans Wake,
 and probably used in it only. From plurality & -able;
 related to plural.]
 n. pl. capacity to make plurality or pluralism
 one after another, or from generation to generation.

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ