Thursday, March 30, 2006

thump

thump

ドシン、ズドン、ゴツン、ドッキンドッキン・・・
これらの音は英語話者の耳には
 thump
と聞こえる。この単語はもともと擬声語であり、
動詞や名詞などに転用された。

 My tire was thumping.
 I thought it was flat.
 When I looked at the tire,
 I noticed your cat.
 Sorry!
 タイヤがゴツっとぶつかった。
 思うにそれでぺっちゃんこ。
 タイヤのところを見てみると、
 目に入ったのはおたくの猫だ。
 すまん!

北欧の言語に同系語がある。

 dumpa (Icel. v. ) = thump.
 dumpa (Swed. v.) = thump.

〜ing が付くと、英国の口語では、
ある種のインパクトを示す単語になる。

 thumping (adj.) = impressively large; giant.
 thumping (adv.) = very
  (as in "thumping great" or "thumping good.")

記録に残っているものでは、十八世紀頃から、
心臓の鼓動「ドキドキ or バクバク」などを
指すようになった。

 Thump-thump, Thump- thump... an unborn baby
 hears the strong, rhythmic heartbeat of its mother.
 ドッキン、ドッキン・・・ 胎児は力強く、
 リズミカルな母親の心臓の鼓動を聞いている。

 thump
 [16th c., imi. In the 18th c., the v. got the 2nd sense.]
 1. strike heavily (especially with the fist);
  knock loudly.
 2. (of the heart, a machine, etc.) throb (strongly
 or rhythmically.)

 n.
 1. dull sound made by a heavy blow (or heavy blows.),
 or mechanically, or by the heartbeat.
 2. heavy blow.

 adv.
 with a thump (or thumps.)

Abbreviations

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ