Sunday, January 22, 2006

Richter scale

Richter scale

リヒタースケール、マグニチュード。
(なぜか独語風に「リヒター」という)

 A big earthquake with the strength of
 8.1 on the Richter scale.
 マグニチュード8.1の大地震。

アメリカの地震学者リクターの名に因む。
カリフォルニアに発生する地震の規模を
ランク付けするために
一九三五年に考案されたのが最初。
震央から、その周囲百キロの範囲で
どの程度ゆれたかを示す指標。
地球の地殻が発せるエネルギー量は
マグニチュード10が限界だといわれている。
日本の気象庁が用いる「震度」は
マグニチュードと同じではない。

 Richter scale
 [20th c., from a name of Charles Francis Richter
 (1900-85), American seismologist who devised
 this scale in 1935 to rank earthquakes occuring
 in California.]
 scale of 0-10 for representing the strength of
 an earthquake; magnitude.
 (This is measured by seismograph.
 Experts believe that the Earth's crust cannot
 store enough energy to release a magnitude 10
 earthquake so that is considered to be the limit.)

Related leaf:
marsquake

Abbreviations

No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ