Saturday, November 05, 2005

Martian canal

Martian canal

火星の運河。
十九世紀に火星表面の地図を描いた
イタリア人天文学者スキアパレリは、
火星地表の溝をイタリア語で
 「溝 (canali)」
と名付けた。英訳者はこの単語を
 「運河 (canal)」
と翻訳した。この誤訳は
地球人類の想像力を大いに刺激し、
火星には生命があり、
運河は火星人によって造られ、
運河沿いには植物が生い茂り、
運河と運河の交わるオアシスには、
火星人が造った強力なポンプがあって、
水流を制御しているにちがいない、
などなどの様々な憶測が流れ、
科学者や宗教家はまじめに議論し、
サブカルチャーやタブロイドは
センセーショナルにこのトピックを
扱った。火星生命の探求は
現在も進行中である。

 Martian canal
 [Mistranslation of I. canali "channel"
 Giovanni Schiaparelli, an Italian astronomer
 (1835-1910), published a map of Mars,
 1877, in which he assigned this I. word
 to a straight-line feature on the Mars.
 See also Schiaparelli Crater]
 canal as an artificial structure on the Mars
 imagined by earthmen.


No comments:

Amazon Widget

『英語語源物語』購読

メルマガ登録・解除
英語語源物語
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

Subscribe to LIFE IS A JOKE

メルマガ登録・解除
life is a joke
   
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ